通勤形電車車両一覧
JR-EJR-WJR-Q
形式 ドア 車体 制御 所属 特  徴
103
首都圏
西日本
その他
4 鋼製 抵抗  通勤電車の雄として君臨した103系も、西日本の207・321・323系、東日本のE231・233系の台頭によって徐々に都市部からは姿を消しつつある。
 西日本ではリニューアルされた"スーパー103系"が登場したが、リニューアルが一段落した後は207・321系新製投入による201系の玉突きにより徐々に数を減らしているほか、阪和線は225系投入で4連が姿を消した。山陽地区の103系は227系導入で全廃。
 九州の103系はリニューアルを受けて独特の塗装で活躍するも305系導入で運用を縮小。
 東海は313系投入で運用離脱、東日本の103系は06年度に定期運用を離脱し、仙石線工事に伴い一時復活したが09年秋に引退。
105
3
4
鋼製 抵抗  地方向け1M方式の短編成通勤車両。3ドア車は新製時から105系を名乗り、広島地区などに投入。4ドア車は元常磐線地下鉄乗入れ対応の103系1000番台からの改造車で、山陽地区のほか、奈良・和歌山地区に。
 3ドア車にはリニューアル車も登場。岡山の3ドア車はトイレ設置などを経て一部がきのくに線南部地区へ転出。
201
4 鋼製 電機子  中央本線快速・中央総武緩行線・京葉線・大阪地区に導入された。ドア窓が高いのと、加減速時の音が特徴。ランニングコストは低いものの、建造費が高くつくことから導入は長く続かず、後に205系に移行。
 中央本線の運用はE233系に譲り廃車が進行、最後まで残った「四季彩」編成も09年に運用を離脱した。京葉線の201系もE233系等の投入により11年に全廃。
 関西では京阪神緩行線から大阪環状線・大和路線へ転入。323系増備とおおさか東線全線開業時に何か動きはあるか。
203
4 アルミ 電機子  201系の地下鉄乗入れ対応バージョンで前面に非常時用の貫通扉を持つ。常磐緩行線にて運用し、地下鉄に乗り入れていたが、E233-2000投入に伴い、2011年に全車運用を離脱。
205
東日本
西日本
4
6
ステン
レス
界磁
添加
励磁
 国鉄末期に製造された通勤車両。コストを抑えながら大量投入が図られた。首都圏の編成には6ドア車も。阪和線用の1000番台は110km/h運転が可能な高速仕様。初期車、京葉・武蔵野線用、500番台相模線用、1000番台阪和線用ではそれぞれ前面形状が違う。
 JR東日本では103系淘汰のために山手線から各線区へ転出され、南武支線・八高・川越線、日光線、宇都宮線に向けては短編成化のための先頭車化改造、武蔵野線向けのVVVF改造、仙石線向けのトイレ設置改造やデュアルシート改造などが行われている。
207
4 ステン
レス
VVVF  JR東日本の207系は203系を元にしたインバータ試作車1編成10両のみで、常磐緩行線〜地下鉄線で203系と共通運用を組んでいたが、E233系投入に伴い、09年12月に運用を離脱した。
 JR西日本の207系はJR西日本の標準通勤車両で、東日本の207系とは「VVVF制御の通勤車」でしか共通点がない。学研都市線〜JR東西線〜JR宝塚線、京阪神緩行線に投入。02年以降、学研都市線の輸送力増強、京阪神緩行線のスピードアップを図るために2000番台を投入。
209
4
6
ステン
レス
VVVF  「コスト半分、寿命半分」を謳い文句に登場したJR東日本の次世代標準通勤車。徹底的なコストダウンと軽量化を図り、この車両がその後のJR東日本の各種車両の礎を築いた形となっている。京浜東北線の編成が約3年で一気に209系になったほか、一部は南武線、3500番台が八高線、500番台が中央総武緩行線、1000番台が常磐緩行線へ投入。950番台での各種試験結果は一般形E231系へフィードバックされている。
 E233系投入で京浜東北線の209系は順次運用を離脱し2010年1月に引退。機器改造のうえ、房総地区向けに2000・2100番台、南武線向けに2200番台化された編成が登場している。
303
4 ステン
レス
VVVF  JR九州が筑肥線増発用に投入した通勤車両。815系を直流・4ドアにして地下鉄対応にした感じの車両。コストダウンも図りつつ、色使いの妙か、それなりの車両に仕上げるあたりはさすが九州。
305 4 ステン
レス
VVVF  JR九州が筑肥線の103系置き換えのために、2015年3月から運用開始。唐津方先頭車は趣きを変えている。
321
4 ステン
レス
VVVF  JR西日本が05年秋から京阪神地区に導入した次世代通勤車両。6M1Tながら、電動車はすべて0.5Mとなっている。
323 3  ステン
レス
VVVF      JR西日本が2016年度から投入を開始した大阪環状線専用車。0.5Mのオール電動車。まずは103系の運用を縮小した。
E331 3 ステン
レス
VVVF  JR東日本の試験車両「ACトレイン」の成果を取り入れた次世代通勤車両。京葉線で営業運転を兼ねた性能試験が行われた。約14m(一部16m)という短い車両を7両連接したのが特徴で、京葉線では2編成14両をつなげて運用されていたが、京葉線への新車はE233系と発表され、E331そのものの増備は行われなかった。
E501
4 ステン
レス
VVVF  209系を交直流化した車両。交直流電車という特殊事情でドイツのシーメンス社の機器を採用、滑らかな諧調の音がすることから「ドレミファインバータ」として知られていたが現在は制御装置が交換されている。E531系増備にともない、運用を水戸線と常磐線友部以北に移した。