運行系統一覧(和歌山市北部) 

 和歌山大学線

  70  南海和歌山市駅−城北橋−狐島宮前−延時−貴志−和歌山大学
 かつては完全に大学への通学に主眼を置いたダイヤだったが、沿線にパームシティというショッピングシティができたことから全時間帯の運転に。現在多くは71系統に移行し、2012年4月の和歌山大学前駅開業に伴い運行本数は僅少に。15年3月改正では平日の大学発1本のみに。
  72  JR和歌山駅−市役所前−小人町−狐島宮前−延時−貴志−和歌山大学
 01年10月改正で新設された平日運転の系統。05年4月改正で増発。2012年4月改正では172系統とともに増発されたが、15年3月改正で和駅発のみに。
  172  JR和歌山駅−市役所前−小人町−狐島宮前−延時−貴志−和歌山大学和歌山大学前駅ふじと台
 09年1月改定で新設。2012年4月改正で大幅増発。平日日中だけではなく、土休日は毎時2本に大躍進するも14年4月改正で一部が272系統に振り替え。15年3月改正では272系統と合わせて平日・土休日とも概ね毎時2本に。
  272  JR和歌山駅−市役所前−小人町−狐島宮前−延時−貴志−和歌山大学和歌山大学前駅
 14年4月改正で誕生。平日の172系統の一部、土休日の172系統の半数を置き換え。土休日は毎時1本に。
  73  JR和歌山駅−市役所前−南海市駅−梶取−次郎丸−貴志−和歌山大学
 03年6月改正で新設。新設当時は早朝と夜間のみだったが、05年4月に通学時間帯にも設定。11月改正で平日の71・72系統の一部を振り替える形でさらに増発。2012年4月改正では72・172系統に多くをゆずり、本数は僅少となった。14年3月改正では平日の和駅発発1本のみに。
  273  JR和歌山駅−市役所前−南海市駅−梶取−次郎丸−貴志−和歌山大学和歌山大学前駅
 14年4月改正で誕生。土休日日中は毎時1本運転され、イオンモール和歌山輸送を担うほか、15年3月改正で通学時間帯にも増発したものの、15年11月改正では土休日が間引きされることに。
  77  南海和歌山市駅−梶取−次郎丸−貴志−和歌山大学
 03年6月改正で新設。新設当時は早朝と夜間のみだったが、05年4月に朝晩にも設定。和歌山大学前駅開業に伴う2012年4月改正で本数は大幅減少となった。14年3月改正では平日1往復のみに。

 

 和歌山大学連絡線

  78  和歌山大学前駅東口−(直行)−和歌山大学
 2012年4月改正で新設。利用実態に合わせて同年10月改正で減便。2014年10月改正では午後の便を削減。
  79  JR和歌山駅−(直行)−和歌山大学
 2017年4月改正で新設。平日1往復のみの運転。

 

 藤戸線

 ふじと台ゆきは、多くは和歌山大学線での運用になるが、和歌山大学の通学輸送の折り返し便や送り込み便、朝晩の通勤時間帯には和歌山大学を経由しないふじと台発着が設けられている。

  370  南海和歌山市駅−城北橋−狐島宮前−延時−貴志−和歌山大学前駅ふじと台
 09年1月改定で新設。2012年4月改正で本数減。市駅発のみに。
  372  JR和歌山駅−市役所前−小人町−狐島宮前−延時−貴志−和歌山大学前駅ふじと台
 09年1月改定で新設。朝晩のみの運転。

 

 坂田線

  75  南海和歌山市駅−城北橋−狐島宮前−延時−労災病院前−榎原−坂田
 06年9月新設。当時は早朝・深夜の車両の送り込み回送的な運用だったが、174〜176系統廃止後は日中に1日2往復する運用に。09年1月改定で移転開業した和歌山ろうさい病院の通院輸送を兼ねて毎時1往復に大増発。
  175  和歌山大学前駅−労災病院前−榎原−坂田
 14年4月改正で新設。土休日のみ8往復。イオンモール和歌山輸送を担う。

 

 木の本線

  76  南海和歌山市駅−北島−梶取−次郎丸−貴志−木の本−ふれあいの郷
 2000年8月にそれまでの75系統木の本発着便を一部延長する形で開設。03年6月改正で全便ふれあいの郷発着に延長。毎時1本は確保されていたが、2012年4月改正で日中が半減、夜間の上りも削減、10月改正でさらに減便。2013年10月改正で廃止された御膳松線で比較的利用が多かった区間を経由する形に経路を変更するも、2017年4月改正で元の経路に。
  176  和歌山大学前駅−貴志−木の本−ふれあいの郷
 14年4月改正で新設。土休日のみ7.5往復。イオンモール和歌山輸送を担う。

 

 六十谷線

  83  南海和歌山市駅−北島−梶取−鳴滝団地−近大附属校前−六十谷−紀伊駅前−川永団地
 07年4月改正で新設。84系統の一部を近大附属校経由にして通学の利便性を向上。
  84  南海和歌山市駅−北島−梶取−鳴滝団地−六十谷−紀伊駅前−川永団地
 鳴滝団地を通るが、こちらは梶取経由。中型車専用路線。

 

 楠見線

  86  JR和歌山駅−ブラクリ丁−北新橋−楠見中−近大付属校前−鳴滝団地
 03年6月改正で新設。05年4月改正でほとんどが88系統に移行し、86系統としては鳴滝団地発のみになったが、2012年4月改正で再び毎時1本に。
  87  JR和歌山駅−(無停車)−貝柄町−(無停車)−北新橋−楠見中−近大付属校前−鳴滝団地
 03年6月改正で新設。近大付属校の生徒向けの急行便。休日を除く和駅発2本のみ。
  88  南海和歌山市駅−北島−粟−善明寺−鳴滝団地−近大付属校前−楠見中−北新橋−ブラクリ丁−JR和歌山駅
 05年4月改正で新設。ともに30分毎だった85・86系統を統合してスルー運転になり、日中毎時2本、通学時間帯は毎時3本体制だったが、2012年4月改正で、半数が86系統に短縮。

 栄谷線

  89  鳴滝団地−栄谷−次郎丸−貴志−和歌山大学前駅西口
 2012年4月改正で新設。平日上下19本、土曜日上下12本、休日上下9本体制で出発も10月改正でやや減便。14年4月改正では平日16本、土休日はイオンモール和歌山輸送を兼ねて毎時1本に。

 ふじと台循環線

  東  和歌山大学前駅−ふじと台小学校前−東三番丁南−東二番丁北−和歌山大学前駅
  南  和歌山大学前駅−大学門前(大学門前住宅地巡回)−和歌山大学前駅
 2013年9月1日から運行開始のコミュニティバス。浅井建設が実施主体、和歌山バスが運行を受託。1日各18本。

もどる